【400年前に創業した吉字屋は武田信玄認可の会社です!】


○「吉字屋」の創業の舞台裏
 塩飢饉に苦しむ甲斐の武田信玄に好敵手上杉謙信が「塩を贈った」という戦国美談は、永禄10年(1567年)、武田太郎義信の  自刃を因に、相模の 北条氏康が駿河の今川氏真と通謀して武田領国への「塩留」を断行した事に端を発します。  山国の甲斐、  武田領下にあった信濃の領民は、生活の必需品である塩の供給を得られず、塩飢饉で困窮した事は言うまでもありませんが、この  窮状を見た越後の上杉謙信は、「戦いは 干戈を交えて行うもの」とし義侠をもって越後産の塩を送る事にした、と伝えられています。
○吉字屋の誕生○
この際、武田信玄の命を受け越後産塩の取り引き に使いしたのが塩屋孫左衛門
(初代)で、無事信 州松本まで塩を持ち帰ってたのが永禄11年 (1568年)正月11日、甲府に帰着したのが同 14日であったとされています。 この越後塩移入の努めを果たし、国内の塩飢饉を 救った活躍に対し、信玄公より当時の甲斐の国の 通貨「甲州金」の裏刻印である「吉」の字を屋号 として贈られ、「吉字屋」が誕生しました。
○すごいですね!甲府市にもこんなに古い老舗がありました!