【「耳寄りの話」−「佐久間艇長の遺言」】のページ











六号潜水艇浮上せず!
(甲飛第十三期殉国之碑保存会公認HPから参照)
1910年(明治43年)4月15日、広島湾沖で潜水訓練中の潜水艦が遭難する事故が起きました。海水が潜水艦の内部 に入り込み、後ろに大きく傾き海底に沈んでしまったのです。艇長の佐久間勉と乗組員13人は、艇を浮上させようと排水などの手段を尽くしましたが、 成功しません。やがて、乗組員全員が呼吸困難のため窒息死するという痛ましい事故でした。日本海軍が初めて潜水艇を保有したのは、日露戦争が終わった 1905年(明治38年)秋の事でした。潜水艇とは潜水艦の小さなものでした。六号艇とも呼ばれていた佐久間艇は全長22mで、世界最小のものでした。 この頃の潜水艇は、構造的にも不備なところが多く、技術においても未熟な点があったのでしょう。 sakuma007.jpg(335548 byte)
■数日後、佐久間艇は引き上げられました。潜水艇の遭難事故はヨーロッパでも度々起きていました。そのとき、引き揚げられた 艇の扉を開けると、そこに多くの乗組員の遺体が群がり、乱闘のあとさえあったということです。何とかして助からんために、水明かりのするハッチに殺到し ていたのでしょうか。ですから、関係者たちの間では佐久間艇もそのような状況かもしれないと、思われていました。
(⇒佐久間艇長生誕の碑)
sakuma002.jpg(335548 byte)
■ところがハッチを開けると、艦長の佐久間は司令塔で指揮をとるままに息絶え、舵取はハンドルを握ったまま、各々自分の持ち場 を離れずに絶命していて、とりわけ取り乱した様子が無かったというのです。さらに、佐久間は苦しい息の中で遺書を書き残していました。その遺書には、部下を 死なせてしまった罪を謝り、部下が最後まで沈着に任務を尽くしたこと。また、この事故が将来、潜水艇の発展の妨げにならないこと、さらに沈没の原因とその後の 処置について書き、最後に明治天皇に対し、部下の遺族の生活が困窮しないように懇願していました。 sakuma001.jpg(335548 byte)
■死の直前に、取り乱さないばかりか、後世のために遺書を記していたことは驚きでした。 国内のみならず欧米各国においても、この事件について新聞や雑誌が大きく取り上げました。イギリスの新聞『グローブ』紙は「この事件で分かることは、日本人は体力上 勇敢であるばかりか道徳上、精神上にもまた勇敢であることを証明している。今にも昔にもこのようなことは世界に例がない」と驚嘆しました。
(⇒六号潜水艇の写真)
sakuma001.jpg(335548 byte)
■また、各国の駐在武官は、詳細な報告を本国に伝えるとともに、海軍省を訪れて弔意を表明しました。これらは通常の外交儀礼をはる かに超えたものと言われます。
■明治天皇からは、遺族にお見舞い金を届けるという特別のはからいがとられました。佐久間の遺書に応えたことになります。

(⇒佐久間艇長の遺書)
sakuma005.jpg(335548 byte)
■また、海軍省と朝日新聞によって義援金の募集が行われ、現在の価格では億単位になる56,000円のお金が全国から寄せられました。
この事件は、今では語られることはなく、佐久間勉の名前を知る人は殆どいません。しかし、当時は国内のみならず、世界の人々に感動を与えたのでした。
(殉難八十周年記念碑「沈着勇断/佐久間勉艇長をしのぶ」)
sakuma003.jpg(335548 byte)
■「佐久間艇長の遺書」(抜粋)■
小官の不注意により 陛下の艇を沈め 部下を殺す、
誠に申し訳なし、 されど艇員一同、 死に至るまで 皆よくその職を守り 沈着に事をしょせり
我れ等は国家のため 職に倒れ死といえども ただただ遺憾とする所は 天下の士は これの誤りもって 将来潜水艇の発展に 打撃をあたうるに至らざるやを 憂うるにあり、
(⇒佐久間勉艇長の生家の写真)
sakuma010.jpg(335548 byte)
願わくば諸君益々勉励もって この誤解なく 将来潜水艇の発展研究に 全力を尽くされん事を さすれば 我ら等一つも 遺憾とするところなし、 謹んで陛下に白す 部下の遺族をして 窮するもの無からしめ給わんことを我が念頭に懸るもの之あるのみ
(⇒三方第一小学校佐久間艇長卒業百周年祈念碑)
sakuma011.jpg(335548 byte)
■当時 、事故に対する遺族への補償金などの支払規定は無かった。 佐久間艇長の遺言は上奏され、勅命によって直ちに裁可された。


(⇒佐久間勉艇長のお墓)
sakuma012.jpg(335548 byte)
■上記の他に 沈没の原因とその対策。今後艇の改善を要する諸点などが 記されている。12時40分との記載で終わっている。
(⇒福井県三方郡三方町明倫小学校
 沈勇の人 佐久間勉像)
sakuma008.jpg(335548 byte)
佐久間大尉を傷む歌■

★ひんがしの 国のならひに死ぬことを 誉むるは悲し誉めざれば悪し

★勇ましき佐久間大尉とその部下は海国の子にたがはずて死ぬ

★いたましき艇長の文ますら男のむくろ載せたる船あがりきぬ

★やごとなき大和だましひある人は夜の海底に書置を書く

★海に入り帰りこぬ人十四人いまも悲しき武夫の道

★瓦斯に酔ひ息ぐるしくとも記おく沈みし艇(ふね)の司令塔にて

★武人(もののふ)のこころ放たず海底の船にありても事とりて死ぬ

                  与謝野晶子
                  (⇒六号神社の写真)

sakuma013.jpg(335548 byte)
■佐久間艇長の話は英国の士官学校の教材に載っているといいます。佐久間艇長のご冥福をお祈りいたします。(完)